“床前”の読み方と例文
読み方割合
とこまえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二十二になる新婿が、床前に伏目がちに坐っている嫁の側へ押し据えられたのは大分経ってからであった。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
霊媒が床前の座蒲団に正坐すると、主事は白川を霊媒と向きあう位置に据えて
雲の小径 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)