“広谷”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひろたに100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“広谷”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 仏教 > 各宗6.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
法然は一向専修いっこうせんじゅの身となったので、叡山を立ち出でて西山の広谷ひろたにという処に居を移したが、やがて間もなく東山吉水よしみずの辺に静かな地所があったものだから、広谷のいおりをそこへ移して住み、訪ねて来るものがあれば、布教をし、念仏を進められた。
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)