“幸橋”の読み方と例文
読み方割合
さいわいばし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
数寄屋橋から幸橋を経てに至る間の外濠には、まだ昔の石垣がそのままに保存されていた時分、今日の日比谷公園は見通しきれぬほど広々した閑地で
幕府の設けた救小屋は、幸橋外に一カ所、上野に二カ所、浅草に一カ所、深川に二カ所であった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
またその道すがら横手幸橋見附を眺めやった御郭の偉大なる夕暮の光景が、突然の珍らしさにふと少年時代の良心の残骸呼覚したというよりはあるまい。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)