“帰署”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きしょ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“帰署”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一行の帰署きしょを待ち構えていたもののように報告する一人の刑事の言葉を聞いて、赤羽主任はおっかぶせて云った。
電気風呂の怪死事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)