“市伽古”の読み方と例文
読み方割合
シカゴ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『ホノルル・桑港・ニウメキシコ・市伽古・ナイヤガラ・紐育・巴里・倫敦・エデンバラ・ストラットフォウドオンアヴォン。』
大戦当時の英国首相クライヴ・ジョウジ氏の大陸旅行の一隊に市伽古まで追随して、大政治家の言行を通信する筈だった、紐育自由新報記者ヘンリイ・フリント君は
夜汽車 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
七月三日——女王座。「メリイ・ドュウガンの裁判」。これは市伽古の上級法廷を背景とする亜米利加のメロだが、妙に変っていて大受けだ。現に世界中三十七個国でやっている。