“巴里女”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
パリイジエンヌ50.0%
パリジェンヌ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さうして巴里へ来た当座も自動車の上の少女、劇場で見る貴婦人、街を歩く巴里女をやつぱりそんな気分で眺めて居た。生憎其内に隠れた方の事が自分の目に見え出して来た。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
ことに巴里女なんて、そんな原始的に荒っぽい冒険家じゃあないんで、たとえば巴里市内の娼婦だって