“巡邏隊”の読み方と例文
読み方割合
じゅんらたい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
申し分があらば、三田の四国町の薩摩邸まで参れ、それが面倒ならば、手近いところの酒井の巡邏隊に訴えて出ろ、逃げも隠れも致さぬ。
大菩薩峠:31 勿来の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
それにまた、ようやく奇跡のように脱してきたあの泥濘を、どうして再び通ることができよう。更にその泥濘の後には、あの警官の巡邏隊があるではないか。
ちょうどこの時、邸外を通り合せたのが白金屯所を置く荘内藩巡邏隊でした。
大菩薩峠:10 市中騒動の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)