“峻辣”の読み方と例文
読み方割合
しゅんらつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
というのは、労農ロシアの警察隊のことだった。その峻辣なる直接行動と、驚歎すべき探訪組織とをもって有名な特務機関だった。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
なにを思ったか安場のノックは峻辣をきわめたものであった、難球また難球! 第一番に三塁手がミスする、ついでショートの青木、これもみごとにミスする、やりなおす、またミスする、三度
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
北町奉行の中山出雲守は、峻辣、敏腕の聞えが高い。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)