“山階宮”の読み方と例文
読み方割合
やましなのみや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこへ象山が松代藩から六百石の格式でやって来て、山階宮に伺候したり慶喜公に会ったりして、彦根への御動座をるといううわさが立ったものですからね。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
外相は桃紅色の洋服を召したまへる妃殿下をけて、先に立ち、宮殿下はエリサベツト夫人と相携へて、特別休憩室に入りたまひぬ。やがて有栖川宮同妃殿下、山階宮同妃殿下も来たまひぬ。
燕尾服着初めの記 (新字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
臨検の席には外国事務総裁山階宮を始として、外国事務係伊達少将、同東久世少将、細川、浅野両藩の重役等が、南から北へ向いて床几に掛かる。土佐藩の深尾は北から東南に向いてすわる。
堺事件 (新字新仮名) / 森鴎外(著)