“尾羽打枯”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おはうちから50.0%
おはうちか25.0%
おばうちか25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“尾羽打枯”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
浪人して今は見る影もない尾羽打枯おはうちからした身の上でも、お前たちのようなはしたない下郎げろうを亭主に持つような身の上ではありません、無礼なことをお云いでない
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
殊更寒い昨夜ゆうべは雨が降り、くの如く尾羽打枯おはうちからして梶棒につかまって歩るいたって、雨で乗手が少ない、寒くって耐らんから酒を飲むと、自然と車の輪代はだいがたまって、身代もまわりかねるような事に成って
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「女子供の下駄はたいてい同じようなものだ、それがどうした。——尾羽打枯おはうちからしているがこれでも武士の端くれだぞ。何のために人の家へ入った。まずそれを言えッ」
古い背広に山羊髥やぎひげ、不精な長髪、なんとなく尾羽打枯おばうちからした風体ふうていですが、いうことは妙に皮肉で虚無的で、そのくせ真剣さがあります。