“尼僧院”の読み方と例文
読み方割合
にそういん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
金吾さん、あとでよく読んでください、おもとうとう、自分で身の処置をつけました。——鎌倉へ行って松ヶ岡(尼僧院)へはいるそうです。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
山腹の高いところに、ちょうどツバメののように、尼僧院が一つぽつんと立っています。ふたりの姉妹が上のの中に立って、を鳴らしていました。
丁度この時、彼等は尼僧院の前を通りかかって、折から千貫の大鐘が鳴りはじめた。リイタが十字を切った。