“尼院”の読み方と例文
読み方割合
にいん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
馴れない尼院生活も、彼女にとっては、むしろ生れかわったよろこびにみちていた。ただ、夜々の虫のすだきを聞くたび
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「よいか、人目につかぬ夜のうちがよかろうぞ。郎党には米田何児小左衛門岩成兵助の三名を付人としてつかわすほどにな。……山の尼院へ」
「どこか、草深い里の尼院へでも」
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)