“小乗的”の読み方と例文
旧字:小乘的
読み方割合
しょうじょうてき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それにつれて、彼の節義とするところも、主人としての面目も反省も、総じて小乗的だった。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
宗祖親鸞も戦って戦いぬいて、苦悩の中に救いを見出し大成したのではなかろうか、良致氏が外国で家庭生活をもっていたことが、かえって武子さんを小乗的にしてしまったのかもしれない
九条武子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
の意義は、まったく小乗的で、越前との関係とか、信長への単なる反感とか、それにまる意地といったようなものが中心であるのに対して——とにかく信長の唱える志とその覇業とは
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)