“宿直部屋”の読み方と例文
読み方割合
とのいべや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仁木弾正は鼠を使って忍びの術で入り込んだが、七兵衛は七兵衛冥利だ、こいつは一番、このお城の中の隅から隅——六十八万石の殿様のお居間から、諸士方の宿直部屋飯炊場も、床下も
大菩薩峠:33 不破の関の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
ふた間ほど隔てた宿直部屋あたりである。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
足をふみ鳴らして宿直部屋びたてる。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)