“安八”の読み方と例文
読み方割合
あはち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
嫡男、紀伊守之助は二十六、岐阜の城主である。次男三左衛門輝政は、年二十一、安八郡池尻の城主。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まだおにいらっしゃる間には、貴女の母様が水にもしようか、という考えから、土地に居ては、何かにつけて人目があると、以前、母様をお育て申した乳母が美濃安八の者で
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
美濃安八春近の井上氏に、伝えた書というのがそれであって、その模写を見ると鳥啼花落と立派に書いて、下に梅菴と署名してある、本名は板益亥正、年久しく井上家の後園に住む老狐であって
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)