“子代部”の読み方と例文
読み方割合
コシロベ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其に又、人間の考へ通り自由に、其詞曲を作る事が許されて居たのなら、子代部名代部の民を立てる樣な方法は採らなかつたであらう。
歌の中、鎮魂の古式に関係の遠いものは、叙事詩及び其系統に新しく出来た、壬生部名代部子代部の伝へた物語から脱落したものである。
誉津部の伝承と思はれるものは、此子代部の開祖誉津別皇子の歴史を説いた貴種養育譚において、出雲風土記所伝の鴨神あぢしきたかひこねの物語と殆ど一つである。
唱導文芸序説 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)