“名代部”の読み方と例文
読み方割合
ナシロベ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其に又、人間の考へ通り自由に、其詞曲を作る事が許されて居たのなら、子代部名代部の民を立てる樣な方法は採らなかつたであらう。
その「志都歌之返歌」は、母胎として葛城部の物語を持つたことは、此後に述べる「叙事詩と名代部」に絡んだ推測をめすゝめて置く。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
歌の中、鎮魂の古式に関係の遠いものは、叙事詩及び其系統に新しく出来た、壬生部名代部子代部の伝へた物語から脱落したものである。