“如之”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
のみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“如之”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
如之のみならず、神近かみちか野枝のえさんとの自由恋愛を大杉自身の口から早く聞かされたが、常から放縦な恋愛を顰蹙ひんしゅくする自分は大杉のかなりに打明けた正直な告白に苦虫にがむしつぶさないまでも余り同感しなかったのを気拙きまずく思ったと見えて、家が遠くなると同時に足が遠のいてしまった。
最後の大杉 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)