“奥域”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おくいき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“奥域”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「中国はすでに、どこへ向っても、魏か呉かに接触する。ひそかに図るに、長江千里の流れ起るところ、西北の奥域おくいきしょくの天地は、まだ時代の外におかれているといっていい」
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)