“天華”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てんか50.0%
てんげ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“天華”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
天華てんかクラブや天仙閣てんせんかくのも支那の、そのかど口から見る家の眺めを私は愛している。
めでたき風景 (新字新仮名) / 小出楢重(著)
謙作は怪しい洋服の男が口にした天華てんかと云う名をちょと思いだした。
港の妖婦 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
天華てんげさくをちの雲、
信姫 (新字旧仮名) / 末吉安持(著)
と、部落の民は、わかれた慈父じふにめぐり会ったごとく大地にぬかずくもの、おどって狂喜するもの、うれし涙にくれる者などさまざまで、さながらそこは、修羅暗憺しゅらあんたん地獄じごくから、天華てんげふる極楽ごくらく寂光土じゃっこうどへ一変したような光景である。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)