“天竜寺”の読み方と例文
旧字:天龍寺
読み方割合
てんりゅうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
作り上げいよいよかにその姿を見ていたであろう佐助が自ら眼を突いた話を天竜寺峩山和尚が聞いて
春琴抄 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
天竜寺の門前を左へ折れれば釈迦堂で右へ曲れば渡月橋である。京は所の名さえ美しい。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
学校が休暇中なので木村さんは体がいているのである。川の縁を散歩し、ボートを出して嵐峡館の辺まで行き、渡月橋のほとりで休憩し、天竜寺の庭を見る。久しぶりに健康な外気を呼吸する。
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)