“天津桃”の読み方と例文
読み方割合
てんしんもも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
桃にも水蜜桃といって色の白くって甘いのがあり、扁桃といって平たくって美味いのがあり、天津桃といって大きくっていのがあります。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
水蜜よりも天津桃の紅い色が皿と匙にきれいに映つて見えた。半分づつに大きく切つて甘く煮ることもあつたが、天津のなまのものに砂糖と牛乳がかかるとその方が味が柔らかく食べられる。
豚肉 桃 りんご (新字旧仮名) / 片山広子(著)
第六十六 桃のゼリー 生の水蜜桃天津桃ならば皮をいて一斤へ一合の水と大匙三杯の砂糖を入れて一時間煮たものを裏漉しにします。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)