“大鋏”の読み方と例文
読み方割合
おおばさみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蟹は時々立ち停って、片っ方のずば抜けて大きな大鋏おおばさみを、しかつめらしく上げ下しをしている。自分の身体の全体よりもずっと重そうな大きな脚だ。
艸木虫魚 (新字新仮名) / 薄田泣菫(著)
ふと何かを見つけた蟹は、慌てて芝土に力足を踏みしめ、黒みがかった緑色の甲羅がそっくりかえるばかりに、二つの真赤な大鋏おおばさみを頭の上に振りかざしている。
艸木虫魚 (新字新仮名) / 薄田泣菫(著)