“大欠:おおあくび” の例文
“大欠:おおあくび”を含む作品の著者(上位)作品数
国木田独歩1
岡本綺堂1
“大欠:おおあくび”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
暫時しばらくすると、ひとり書籍ほんを草の上に投げ出して、のびをして、大欠おおあくびをして、
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
新ばしのたもとに夜あかしの車夫が、寝の足らぬ眼をこすりつ驚くばかりの大欠おおあくびして身を起せば、乞食か立ん坊かと見ゆる風体ふうてい怪しの男が、酔えるように踉蹌よろめき来りて
銀座の朝 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)