“夜迷言”の読み方と例文
読み方割合
よまいごと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「遅いやい遅いやい、いまさら夜迷言よまいごとをぬかすな、あの子はあとあとの苦情のねえように、ようく念を押しておれがもれえ受けたんだ、おめいたちに縁もゆかりもねえ」