“夜車”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
よぐるま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“夜車”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
二人は外出の用意が出來ても、互ひに目を反むけて暫らく默つて突ツ立つてゐた。下では皆よく寢てゐるやうで、外を通り過ぎる夜車よぐるまの音が聽えたばかりだ。
泡鳴五部作:01 発展 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)