“夜短”の読み方と例文
読み方割合
よみじ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
じゃア斯うたら何うだろう、君は時々松五郎をうちへ呼んで酒を飲み合うだろう、じゃア何うだえ、今夜は淋しくって夫婦差向いで酒を飲んでも面白くないが、東京の人の云う事は面白いから松さんを呼んで来なと云って、遅くまで飲んで、夜短よみじかの時分だから泊っておいで
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)