“夜妻”の読み方と例文
読み方割合
よづま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
君さらば巫山ふざの春のひと夜妻よづままたの世までは忘れゐたまへ
みだれ髪 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)