“多芸志耳命”の読み方と例文
読み方割合
たぎしみみのみこと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
多芸志耳命たぎしみみのみことが、いまに、おまえたちを殺しにかかるぞということを
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
するとまもなく、さきに日向ひゅうがでお生まれになった多芸志耳命たぎしみみのみことが、おはらちがいの弟さまの日子八井命ひこやいのみことたち三人をお殺し申して、自分ひとりがかってなことをしようとおくわだてになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
天皇は、はじめ日向ひゅうがにおいでになりますときに、阿比良媛あひらひめという方をおきさきして、多芸志耳命たぎしみみのみことと、もう一方ひとかた男のお子をおもうけになっていましたが、お位におつきになってから、改めて、皇后としてお立てになる、美しい方をおもとめになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)