“外苑”の読み方と例文
読み方割合
がいえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此村は明治神宮外苑の入り口で車を捨て、オーバーのえりで顔を隠した忍び姿で外苑の森の中へはいると、指定された石のベンチに腰かけて、つくねんと待っていた。
影男 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
神宮外苑の方へ行く道の、一寸高い段々のある灰色の建物が警察だった。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
と、車が外苑前にさしかかった時、悦子が云った。
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)