“壮々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たけだけ50.0%
わかわか50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自身の永く苦しかったその時代をさながら忘却失念したような壮々たけだけしい言をはいていられる。
眉も黒く、目は細く鋭く、ぶ厚い唇も、つやつやして、でっぷりと肉づいて、憎らしいまでの壮々わかわかしさが手足の先まで溢れているような老人だ。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)