“地見:じみ” の例文
“地見:じみ”を含む作品の著者(上位)作品数
中里介山1
“地見:じみ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それは自分の焼かれた焼跡をしきりにせせくって、めたり乾かしたり、何ぞ落ちこぼれでもありはしないかと、地見じみ商売のような未練たっぷりのケチケチしたお化けぶりです。
大菩薩峠:33 不破の関の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
PR