“地子銭”の読み方と例文
読み方割合
じしせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
散所ノ太夫の出屋敷では、これらの散所民に、保護と制裁と、また公の交渉を代行してやっている代りに、地子銭を取り、鑑札料を徴している。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そしてこれからは、租税地子銭も軽くする。大いに善政もく。だから市民は安心して、常のとおり家業に励めと、高札に令しておられるではないか
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そしてまた光秀の場合とちがっていることは、京都に入ったからといって、すぐ地子銭の免税を布告したり、五山や公卿たちへ献金したりするような媚態のない点だった。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)