“嘉悦孝子”の読み方と例文
読み方割合
かえつたかこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これが発明出来て、寺内首相に白粉香気がしたり、嘉悦孝子女史に石油の香気がする事が知れでもしたら、大変な幸福である。
嘉悦孝子さんの女子商業学校を卒業した姉娘だけは、小柄ではあるが壮健なように見えたが、下のS子とM子とは、何となく弱々しく見えていた。
友人一家の死 (新字新仮名) / 松崎天民(著)
一元論でなく多元論なんです。もし嘉悦孝子先生や幸田延子女史が結婚せられ、下田歌子先生が再婚せられたのであったら、あれだけの社会的事業は出来なかったでしょう。
女子の独立自営 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)