“嘉七”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かしち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“嘉七”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
家族はお紺の外に用心棒とも手代ともなく使っている嘉七かしちという三十男と、下女が一人。
同時に金貸し後家のお紺の家に向った一隊は、そんな手軽なわけに行きませんでしたが、お紺を始め、その手代の嘉七かしち、下女のお松を、どうやら、こうやら大骨折で縛り上げました。