喪狗さうく)” の例文
彼が日々喪狗の如く市中を彷徨いて居る、時として人の家の軒下に一日を立ち暮らし、時として何かむるものの如く同じ道を幾度も/\往来して居る男である事は、自分のよく知つて居る処で、又
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)