“喜多武清”の読み方と例文
読み方割合
きたぶせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
優曇華物語』の喜多武清の挿画が読者受けがしないで人気が引立たなかった跡を豊国に頼んで『桜姫全伝』が評判になると、京伝は自分の作が評判されるのは全く挿絵のおだと卑下して、絵が主
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)