“喜和”の読み方と例文
読み方割合
きわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし母親の喜和は猟嫌いだった。良人がいちど猟さきで誤って犬を射殺して以来、彼女は猟と聞くだけで色を変えるほど嫌いだった。
夜明けの辻 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)