“善之進”の読み方と例文
読み方割合
ぜんのしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丁度此の時遊びにまいって居たのが榊原藩の重役中根善右衞門嫡子善之進と云う者でございますが、御留守居役《おるすいやく》の御子息で、まだ二十四歳でございますから、隠れ忍んで来るが
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)