“問行”の読み方と例文
読み方割合
といゆ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
職人の衣類を捨て故々藻西の如き商人の風に打扮ちプラトを連れて老人の許へ問行きしなり、是だけにて充分藻西に疑いの掛るならんと思いたれど猶お念の上にも念を入れ、老人の死骸の手を取り
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)