“唐鏡”の読み方と例文
読み方割合
からのかがみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「心ときめきするもの。——雀のこがひ。あそばする所の前わたりたる。よき薫物たきて一人したる。唐鏡の少しくらき見いでたる。云々。」
めくら草紙 (新字新仮名) / 太宰治(著)