“唐織銀文地”の読み方と例文
読み方割合
からおりぎんもんじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これだけの言葉をはくうちに、秀吉は、肌着小手脛当をピチンとけて、皆朱碁石おどしのをザクリと着こみ、唐織銀文地日月を織りうかした具足羽織まで着てしまった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)