“唐織寄縞”の読み方と例文
読み方割合
からおりよせじま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、唐織寄縞の帯を前でむすんだ所と云ひ、投島田平元結をかけてのさしをした所と云ひ、素人とは思はれない位な、なまめかしさだ。
世之助の話 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)