“和山”の読み方と例文
読み方割合
わやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ついに別の路を境木峠という方に開き、和山馬次場として今は此方ばかりを越ゆるようになれり。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
その大きさははるかに笛吹峠からも和山峠からも見えるほどであった。
東奥異聞 (新字新仮名) / 佐々木喜善(著)
 ●清水川原村(人家二軒あり、しかれども村の名によぶ) ●三倉村(人家三軒) ●村(二軒) ●大赤沢村(九軒) ●天酒村(二軒) ▲小赤沢村(二十八軒) ▲上の原(十三軒) ▲和山(五軒) 西にある村 ●下結東村 ●逆巻村(四軒) ●上結東村(二十九軒) ●前倉村(九軒) ▲大秋山村(人家八軒ありて此地根元の村にて相伝の武器など持しものもありしが、天明卯年の凶年になしてかてにかえ、猶たらずして一村のこらず餓死して今は ...