“右近衛権少将”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うこんえごんしょうしょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“右近衛権少将”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
三十六さい右近衛権少将うこんえごんしょうしょうにせられた家康の一門はますます栄えて、嫡子ちゃくし二郎三郎信康が二十一歳になり、二男於義丸おぎまる秀康ひでやす)が五歳になった時、世にいう築山殿つきやまどの事件が起こって、信康はむざんにも信長の嫌疑けんぎのために生害しょうがいした。
佐橋甚五郎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)