“叱駆:しっく” の例文
“叱駆:しっく”を含む作品の著者(上位)作品数
岡本かの子1
“叱駆:しっく”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
むす子の存在の仲介によって発展した事情に於て××××……それを母の本能が怒ったのだ、何物の汚涜おとくも許さぬ母性の激怒が、かの女を規矩男から叱駆しっくしたのだ。
母子叙情 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)