“叙爵”の読み方と例文
読み方割合
じょしゃく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのほか、王朗の司徒、陳群の司空、華歆の大尉などが重なるところであるが、なお文官武官の多数に対しても、叙爵進級が行われ、天下大赦の令も布かれた。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
……そして、官位叙爵なども、考えておるが、とりあえず、自分の羽柴姓を、あなたにり、以って、秀吉がどれほど御辺の信義にたいして、感謝しているかを、んでおくりゃれ
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
上洛者のたれかれを問わず、これを奏聞に達して、それらの武門が望む叙爵栄職の名を聴許し、武家の音物黄白を収入とするのが、ともあれ、この人々の唯一な生きる道ではあった。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)