“叉手網”の読み方と例文
読み方割合
さであみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ともかくも運命の環は急加速度で縮まって行って、いよいよ矢頃はよしという瞬間に、要太の突き出した叉手網はほとんど水平にを切って飛んで行く。
鴫突き (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
そのうちにふと見ると、どこかの宿屋の印半纏を着た男が小さい叉手網を持って、川のなかの岩から岩へと渡りあるきながら、なにかをすくっているらしいのです。
鰻に呪われた男 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
気が向くと、年長なのをれて、山狩、川狩。自分でいた小鳥網から叉手網投網、河鰺網でも押板でも、其道の道具は皆揃つてゐたもの。鮎の時節が来れば、日に四十から五十位まで掛ける。
刑余の叔父 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)