“厩門”の読み方と例文
読み方割合
うまやもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、里の娘たちは、山桃の木にかこまれているお厩門から出てゆく、城主の嫡子のすがたを、畑から見るのを、楽しみにしていた。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「いや、厩門を入って、南の空地に向いている小門をけと仰っしゃった。その門はここであろう」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
正成は、卯木もそこにおきわすれて、大股に庭門、厩門と急ぎ抜けて
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)