“卓抜”の読み方と例文
読み方割合
たくばつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とにかく、殿様は、自分の腕前に絶対の信頼を置く事は出来なかった。事実、名人の卓抜の腕前を持っていたのだが、信じる事が出来ずに狂った。
水仙 (新字新仮名) / 太宰治(著)
かならずここにいても、大勢を観望しながら、わけて尊氏の東上を前にしては、卓抜な戦略なども持っているにちがいない。——正季は、明日の戦いのためにと、急に思い立って来たのだった。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それにいては、以前もしばしば御紹介申し上げたであるから、いまは繰り返して言わないけれども、私たち後輩に対して常に卓抜の教訓を垂れ給い、ときたま失敗する事があるとはいうものの
不審庵 (新字新仮名) / 太宰治(著)